研究内容

[キーワード] ゲノム医科学、プレシジョン医療、がん微小環境、深層学習、数理シミュレーション

先端の数理科学と分子観測技術で生命現象と病気を理解する

がん細胞集団と、免疫などの微小環境との関係をひもとくことで、個人ごとに治療の奏効や副作用、耐性獲得を予測します(図1)。例えば、私たちは肝がんの患者300人からのがん細胞の全ゲノム配列を解析し、新たな変異をもつクラスタを発見しました [1]。このクラスタの患者は、手術後にがんの再発が起こりにくく良好な経過をたどります。大腸がんでも新たなクラスタを発見しました [2]。さらに詳細に解析すると、がん細胞の集団的特性や免疫などの微小環境との関係が、クラスタ間で大きく異なることがわかってきました。がん細胞は実は私たち自身の細胞が変化したもので、非自己ですので免疫が排除するわけですが、がん細胞もまた巧みに変化して逃げます。つまり、がんの個性と、微小環境の相性や治療の内容で、その後の挙動に違いが生まれます。ほとんどのがんでは、免疫活性が高いほど予後が良いものですが、一方、免疫特権部位のがんであるブドウ膜メラノーマや低悪性度グリオーマでは、驚くべきことに、免疫活性が高いほど全生存率が悪くなることを発見し、そのメカニズムを解明しました [3]。このような違いをうむメカニズムをオミクスや病理画像の解析によって解明するとともに、数理シミュレーションによる治療効果予測モデルを作り、患者に合わせた治療を行うプレシジョン医療を目指します。

がんとその微小環境との関係の解明

がん細胞集団と、免疫などの微小環境との関係をひもとくことで、個人ごとに治療の奏効や副作用、耐性獲得を予測します(図1)。例えば、私たちは肝がんの患者300人からのがん細胞の全ゲノム配列を解析し、新たな変異をもつクラスタを発見しました [1]。このクラスタの患者は、手術後にがんの再発が起こりにくく良好な経過をたどります。大腸がんでも新たなクラスタを発見しました [2]。さらに詳細に解析すると、がん細胞の集団的特性や免疫などの微小環境との関係が、クラスタ間で大きく異なることがわかってきました。がん細胞は実は私たち自身の細胞が変化したもので、非自己ですので免疫が排除するわけですが、がん細胞もまた巧みに変化して逃げます。つまり、がんの個性と、微小環境の相性や治療の内容で、その後の挙動に違いが生まれます。このような違いをうむメカニズムをオミクスや病理画像の解析によって解明するとともに、数理シミュレーションによる治療効果予測モデルを作り、患者に合わせた治療を行うプレシジョン医療を目指します。

図1. 患者のオミクス・臨床・病理画像データで病気を解明し予測する。


深層学習による独創的な解析の方法論

深層学習が、画像のみならず、ゲノムやオミクスのデータを解析する能力を極める研究をします。一例として、オミクスデータをうまく変換して画像のように見せ深層学習にかける独自の離れ技を練り出し、がんのオミクスデータでその種類を見分けられるようになりました(図2a) [4]。さらに深層学習の内部を解析して深層学習が何を見て判別しているのかを見出す技も編み出しました(図2b) [5]。それにより、がんの個性を示す新たなシグナル伝達系を発見しました。つまり、深層学習で新たな科学的発見ができることを示せました。これらをさらに発展させ、マルチオミクスデータから患者固有の抗がん剤の奏効を予測する、深層学習を用いた新しい手法DeepInsight-3Dを提案しました(図3) [6]。従来の手法を大きく上回る予測性能とともに、抗がん剤の奏効の違いとなる遺伝子パターンと新しいパスウェイを発見しました。


図2. (a) オミクスを画像に変換して深層学習に入力する技でがんを判別 [4]。(b) がんを判別するとき、深層学習が何をみているかを解析する [5]。


図3. (a) マルチオミクスと深層学習による抗がん剤奏効予測 [6]。(b) 抗がん剤パクリタクセルへの非奏効(左)と奏効(右)に関わる遺伝子パターンの違い。


いろいろな人が集まって研究しています

私たちの研究室は、東大以外にも理研にもあり、また多くの連携研究をしています。そのため、生命情報研究者以外にも、臨床医や、遺伝学、シークエンス解析、ネットワーク解析、数学が好きな研究者など、また、外国人研究者も多く、お互いにさまざまな考えを出しあって日々研究しています。


参考文献

[1] Fujimoto A, Tsunoda T, et al. Whole genome mutational landscape and characterization of non-coding and structural mutations in liver cancer. Nature Genetics, 48, 500-509 (2016). [2] Sugawara T, Miya F, Ishikawa T, Lysenko A, Nishino J, Kamatani T, Takemoto A, Boroevich KA, Kakimi K, Kinugasa Y, Tanabe M, Tsunoda T. Immune subtypes and neoantigen-related immune evasion in advanced colorectal cancer. iScience, 25, 1003740 (2022). [3] Matsuo H, Kamatani T, Hamba Y, Boroevich KA, Tsunoda T. Association between high immune activity and worse prognosis in uveal melanoma and low-grade glioma in TCGA transcriptomic data. BMC Genomics, 23, 351 (2022). [4] Sharma A, Vans E, Shigemizu D, Boroevich KA, Tsunoda T. DeepInsight: A methodology to transform a non-image data to an image for convolution neural network architecture. Scientific Reports, 9, 11399 (2019). [5] Sharma A, Lysenko A, Boroevich KA, Vans E, Tsunoda T. DeepFeature: feature selection in nonimage data using convolutional neural network. Briefings in Bioinformatics, 22, bbab297 (2021). [6] Sharma A, Lysenko A, Boroevich KA, Tsunoda T. DeepInsight-3D architecture for anti-cancer drug response prediction with deep-learning on multi-omics. Scientific Reports, 13, 2483 (2023).